2008年05月17日

「Egg of Gadget Type1」まもなくリリース

本日は自主出勤。
一週間の疲れが出たのか、体調はすぐれず。

今日は「eg3」開発と「SELENE」の引継ぎを主に。
「eg3」は予定通りの進捗。
来週公開できそうです。お楽しみに。

SELENEは色々と残タスクがあがっております。
一つ一つを潰していきましょう。。。

・・・

エクスブリッジの自社製品は、入社前に思っていたよりも、
ずっとしっかりしています。
思っていた以上に、潜在能力の高い物ばかりです。

今後は、これらをどう売っていくのか、
どうビジネスとして展開して行くのか、というところに課題を感じます。

もちろんこの課題の先には、成功が待っていて、
これからが一番厳しく、そしてやりがいのある部分であることは間違いありません。

一般的な受託開発では得られない、
最前線の風を感じられる気がして、楽しみでなりません。

posted by koba at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月16日

アメリカのベンチャー企業との違い

本日はやっかいなプログラム修正を主に。
面倒な処理をごりごりと書いておりました。
なんとか目処は立ちました。

定時後は「eg3」の開発。
検証環境(Linux)への配置&設定に苦戦中。。。

・・・

アメリカのベンチャー企業と日本のベンチャー企業との違いについて、
今日読んでいた本にうまく書かれていたので、ご紹介。
※引用はすべて「おもてなしの経営学」より。

 米国のベンチャー企業と日本のベンチャー企業の最大の違いは、日本のベンチャー企業が「まずは国内で実績を作ってから海外に進出」と考えるのに対して、米国のベンチャー企業は最初から世界に向けたものづくりをしている点にある。しかし、それは決して「アメリカ人は日本よりも賢いから最初から世界を狙った戦略を立てている」わけではなく、逆に「自分たちが作ったものが米国市場で成功するなら、世界で通用して当然」という楽観的な世界制覇戦略があるだけのことである。

僕の勝手なイメージだけど、アメリカ人は日本人みたいに、
自分を殺してまで周りに合わすことをしなかったり、
自分の主張を言わずに我慢するなんてことはしないような気がする。

良い意味でわがままであり、子供っぽい人たちが多い気がする。

その性格というか文化みたいなものが、
ベンチャー企業にも反映されているのかもしれない。

 普通に考えれば、そんな戦略がうまくいくはずもないし、実際そんな甘い考えのために海外進出に失敗した米国企業もたくさんあるのだが、そんな中でもYouTubeやコミュニケーションサービスのTwitterのように、いきなり国の壁を飛び越えて急速に普及するサービスを作ってしまう企業が出てくるのが米国の面白いところである。

著者は日本人のソフトウェアエンジニアに向けてこんな言葉をおくっている。

 その意味で言えば、日本のソフトウェアエンジニアたちも、もう少し「自分たちの作ったソフトウェアやサービスは世界に通用して当然」という楽観的な態度でものづくりをしてもいいのではないだろうか。任天堂にしろトヨタにしろ、ハードウェアの企業はあれだけの成功を収めることができたのだから、ソフトウェアやウェブ・サービスの世界でも、もっともっと日本のエンジニアたちが成功して当然、と思う今日この頃である。

本当にその通りだ。
まさに「名古屋から世界へ」である。

著者がシステムエンジニア(SE)と言わず、
ソフトウェアエンジニアと言っているところも好感が持てる。

あ、アメリカではSEはSoftware Engineerを指すんだっけ。。。
システムエンジニアなんて呼び名の職種があるのは、日本だけ?

IT業界の職種名(とくにSE)って本当にダサイくて格好悪い。
エクスブリッジで、新しい呼び名を作りたいね。

posted by koba at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月15日

思考を刺激する読書

本日は、「HELIOS.eg3」の開発を主に。
良い感じで進捗しています。大分できてきました。

午後は少しだけ、Google Appsの調査をお手伝い。
これが無料で利用できる時代なんだ、と驚いてみたり。

グーグルは一体何を企んでいるのだろう?

・・・

昨日読み終えた「私塾のすすめ」の感想は、
週末に書こうと思っています。

twitterでも読んでいる/読み終えたのつぶやきが多く見られます。
売れてますね。

今日から「おもてなしの経営学」という本を読み始めました。
明日明後日くらいで読み終える予定です。

「おもてなし」という言葉は著者の中島さんが
「ユーザ・エクスペリエンス」の訳として用いている言葉だそうです。

おもてなしの経営学 アップルがソニーを超えた理由 (アスキー新書 55)
中島 聡
4756151345

ウェブで読んだことのある記事がいくつかありましたが、
十分に楽しめる内容です。
良い刺激になっています。

こちらの感想も後ほど。

・・・

そう言えば、先日話題に出したセミナーを申し込みました。
来月のことですが、非常に楽しみです。

posted by koba at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月14日

平凡な日常の中にある、ほんの些細な前進

本日も、先日と同様にバグ修正と、「HELIOS.eg3」の開発。
予想以上に捗っている。

定時後は、企画会議に参加。
発表資料を作ったものの、ありきたりな内容。
まあ初回だからこんなものか。

入社して1ヶ月半が経過し、
会社の進んでいく方向が、随分と分かるようになってきた。
あそことあそこに障害があるな、といった感じで、
立ちふさがっている問題/課題が見えてくる。

それをどう解決するか、というところが重要で、
きっとそこが一番楽しいはず。
アイデアを提案するだけじゃなく、行動できるようになりたい。

経営者というのは常に先の先を見据えつつも、
その場その場で機転を利かせて舵取りをしているんだな、
ということを最近強く感じています。

・・・

さて、本日はお昼休みに梅田望夫氏の新刊「私塾のすすめ」を読み始めました。
半分くらい読んだところで、10ヶ所くらいに付箋を貼っています。

私塾のすすめ ─ここから創造が生まれる (ちくま新書 (723))
齋藤孝 梅田望夫
4480064257

僕の理想とするライフスタイル、人生デザインが、
梅田氏のそれと似ているから、こんなにも共感しするのかもしれない。

今から残りの半分を読みます。
感想はまたの機会に書こうと思います。

posted by koba at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月13日

企業ブランド力アップセミナーが気になる

本日も、先日と同様にバグ修正と、「HELIOS.eg3」の開発。
体調は優れませんが、仕事ははかどった感じ。

社長から、先週見積りした案件を失注したとの報告を受けました。

個人的に色々と準備し始めてたので残念ではありますが、
過ぎたことは忘れましょう。
無事にリリースされることを祈っております。

・・・

帰宅途中、弊社のスーパー営業マンの前職が、
出版業界だったと聞いて驚きました。

聞きたいことがたくさんありすぎて、うまく聞けませんでした。
また色々と教えてもらおう。

偶然かもしれませんが、今日面白そうなセミナーを見つけました。
出版コンサルタントの土井英司氏の名古屋セミナー。

1万円なら安いから行こうかと考え中です。
社長を誘ってみたけど、あまり乗り気じゃなかったなー。。。

そう言えば1年ちょっと前、
土井氏の会社(有限会社エリエス)に転職しようかと
かなり悩んでいた時期もあったな、などと思い出に浸っています。

名古屋で出会えるなんて、幸運です。

posted by koba at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月12日

製品ブランドとは

本日も引き続きメインPJは、バグ修正。
他メンバーがコーディングをしたプログラムの修正。

「order by 1」っていう記述を初めて見て、驚いた。
別に問題はならいしけど。。。
パフォーマンスや保守性を考えると、列名に変更した方が良いとのこと。

こちらを参考にしました。
※「SQLを速くするぞ-お手軽パフォーマンス・チューニング-」より

午後3時くらいから、「HELIOS.eg3」の開発着手。
今週中にYahoo!ウィジェットに登録できるところまで完成させる。

・・・

ブランド戦略ということをよく考えています。
今日読んでいた本で、面白い記述があったので、ご紹介。
糸井重里の「インターネット的 」より。
 ところで、ぼくは”商品環境”という言葉をさかんに使います。”商品は環境ごと商品なのだ”という考え方です。商品は、それ自体「単体」で価値を持つことはできない。そういうことを言いたいのです。
 たとえ話をしましょう。まあ、誰でも知っていそうな大ブランドである、シャネルの香水があります。これは、価値の安定した商品ですよね。しかし、これを、灯油缶に入れて売り出したら、どうでしょう。ぼろぼろの納屋に入れてあるシャネルの灯油缶を、訛のきついおばさんが割烹着なんか着ていてね、「ほれ、しゃねるだ」と投げて渡したら……それはもう別のものでしょう。シャネルの香水ではありません。美しくパッケージされて、キレイな店で、センスよく着飾った店員から買う。ここまですべてを含んで、はじめてシャネルなのです。
 つまり、商品というのは環境を含んでの商品なのですから、お客さんはその環境を含めて求めているということです。

このことをエクスブリッジの自社製品に置き換えて考えると、どうだろう?
お客様はエクスブリッジの製品が持っている機能だけを
求めているわけでは無いということか。

たとえば社長のブログや社員のブログを見て、
この会社の製品を買ってみようと思うこともあるだろう。

 これは簡単な例でしたが、これまでの工業化社会的な言い方をすると、ネジ一個つくるのと香水一個つくるのが同じように扱われているわけです。ネジは、それ自体の品質がよければ環境は問われないということが言えそうですが、それでもよくよく考えてみれば、そのネジをつくっている企業の社長の魅力だとか、経営状態だとか含めたかたちで取引されているとも言えます。あらゆる商品に、環境はあり、環境込みで商品として成立しているのです。

posted by koba at 22:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月09日

先駆者の憂鬱

本日は数ヶ月ぶりにスーツを着て、客先訪問。
新鮮な感動がいくつもあって、楽しかった。

帰社して見積もりとか。

Javaの書籍もほとんど処分しちゃったなー。
これまた失敗か。。。

・・・

仕事後、Mコムに勤める研究室の後輩とお食事。
なんと職場は目と鼻の先らしいです。

新しい動画ビジネスを模索しているとか。
インターネットと動画の融合とか、動画を使ったマーケティングとか、
誰もが普通に、一つの選択肢として考え始めている。

ブームは火がついたら一瞬だ。
火がつく前にどれだけ先手を打っておくか、ということが重要。
孤独だし不安だけど、そうしなければ、先駆者にはなれない。

明日は結婚式のため、またも帰省します。

posted by koba at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月08日

ガジェットビジネスの可能性

本日は、メインPJのバグ修正と、
エクスブリッジ新製品「HELIOS.eg3」の開発着手。

「HELIOS.eg3」のサーバサイド機能の開発を担当することに。

本日は、DB設計と画面設計とAURORAとの連携の確認を終えて、
開発を始めようとガラを作ったところで時間切れ。

ゼロから開発できるのは、幸運だ。
色々と学びが多い。

・・・

ガジェットを使った新しいビジネス戦略、
マーケティング戦略を考えている。

社長や先輩社員と少し話し合うだけで、
いくつもの有益なアイデアが浮かんでくる。
そのうちのいくつかは近々実現するだろう。

やはり、ガジェットビジネスは、
大きな可能性を秘めている、と感じる。

一部の人は、この新しい風/可能性をすでに感じて、
着々と動き始めているに違いない。

・・・

今からこれを見てみます。
Google社員のソフィア氏による「Googleガジェットの講演」。

感想は後ほど。



posted by koba at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月07日

「ガジェットと言えばエクスブリッジ」への道

本日は、新しい会議に定時後参加。
エクスブリッジの新製品や新サービス、
プロモーションといったことを議論する会議。

こういう会議がやりたい、と社長に言って、実現した。
このスピード感がベンチャー企業だな、と思う。

今日はオリエンテーションみたいな感じで、
今後の会議で話し合う内容の意識会わせ。

とても楽しく、刺激になった。
期待に応えられるよう、頑張りたい。

・・・

ガジェットについて調査をしていたら、
Widgetbox」というサイトを見つけた。

ガジェットを作成&配信までサポートする。
良くできている。
タイトル/サブタイトルが、日本語には対応していないけどね。。。

エクスブリッジ公式サイトのRSSガジェットを作ってみた。
FLASHバージョンです。


posted by koba at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月02日

保有能力から発揮能力へ

本日もPHP開発。
メインのプロジェクトはバグ修正を主に。

定時後は「 SELENE(セレネ)」の開発。
アクセス解析機能が完了して、ひとまずSELENEの開発は卒業。

来週からは、「AURORA(アウロラ)」開発のお手伝いを予定。

・・・

「保有能力」と「発揮能力」という言葉を、
とあるセミナーDVDで知りました。
確か、NLP(神経言語プログラミング)トレーナーの言葉だったかと思います。

そのトレーナーが言うには、我々の能力は、大きく分けて
「保有能力」と「発揮能力」に分けることができるという。

そして一般的に、人々の能力は、8割が「保有能力」で、
残りの2割が「発揮能力」からなるという。

成長したり成功するためには、
保有能力ではなく、発揮能力の割合を増やすことが重要だ、教えていた。

・・・

では、「保有能力」とは何か?

「保有能力」とは、
簡単に言うと、『知っていること』だ。
頭で理解している能力、とも言える。

一方、「発揮能力」とは?
「発揮能力」とは、『できていること』である。
つまり、頭で理解しているだけではなく、
経験を通して、体得した能力のことを言う。

・・・

それでは、保有能力から発揮能力へ発展させるにはどうすれば良いか?
プロセスは簡単で、こんな感じ。

知っている
  ↓
やってみる
  ↓
できている


ようするに「やってみる」というプロセスが必要なのである。

やらずに「知っている」だけの状態と、
実際にやってみて、「できている」状態では、
まったく能力が異なるということ。

確かにそうだな、と思います。
知ってただけの、「twitter」をやり始めてみて、
そんなこと感じています。

posted by koba at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年05月01日

グループウェアと言えば、サイボウズ

本日もPHP開発。
まあそれなりに順調か。

棒グラフを作りたかったので、
この辺りの記事を参考にしてみたり。

・・・

日経ビジネス(2007.11.26)をぱらぱらと読んでたら、
「ひと劇場」でサイボウズの青野慶久社長がピックアップされていて、
面白かったのでご紹介。

サイボウズと言えば、泣く子も黙るグループウェアソフトの大手。
グループウェアと言えばサイボウズというように、
ブランド戦略に成功している会社です。

ちなみに、サイボウズは「サイバー」と「ボウズ(坊主)」を合わせた造語です。

創業10年で売上高が100億円に達して、2006年に東証一部に上場。
現在、勢いに乗ってる企業です。

この青野社長は、創業メンバーの1人で、1971年生まれの36歳。
「グループウェアで世界一になる」という目標は、熱くて心地よい。

是非世界一になってもらいたい。

少しだけ引用。
「実現させるには独立しかない」。
高須賀と畑、青野の意見は一致し、3人揃って起業の道を選んだ。
資金の都合もあり、起業の地は高須賀や青野の実家が近い松山市。
2DKのマンションを借り、そこに畑が住み込んで開発を続けた。
資金は3人の貯蓄や親からの借り入れで賄い、
社員3人のサイボウズは産声を上げた。

社長ブログも社員ブログも公開されていましたので、
興味のある方は、ご一読を。

 ・サイボウズ青野の3日ボウズ日記
 ・畑@サイボウズ・ラボ
 ・ and more...

posted by koba at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月30日

Macに「さくらパンダ ウィジェット」を入れてみた

xb-itazu氏のブログでも紹介されていた、
「さくらパンダ ウィジェット」を自宅のMacにインストールしてみました。

運良く、2500のキリ番で頂きました。



実はこれ、
弊社(エクスブリッジ)が制作したウィジェットです。

ちなみに、
「さくらパンダ」ちゃん(くん?)は、松坂屋のマスコットです。

以下、説明を引用。
松坂屋上野店で誕生したマスコット。
さくらパンダがほのぼのした表情であなたのデスクトップを彩ります。

●機能について
・お住まいの地域の天気を表示する「お天気表示機能」
・時刻を表示する「時計機能」
・さくらパンダのイベントや情報を表示する「さくらパンダ情報機能」
・「そのほか、使ってわかる機能もあるまつぅ〜」

※主な機能は、右クリックでメニューが表示されます。
※ヘルプボタンを押すことで、説明が表示されます。

MacOsXの標準ウィジェットにアドオンできるのか?
とちょっと期待したけど、やっぱりできなくって、
Yahoo!ウィジェットなるものをインストールすることに。

まずは、
Yahoo!ウィジェットをこちらからダウンロードしてインストール。

そのあと「さくらパンダ」さんをダウンロードして、起動。

かわいいですね。
現在は、気持ち良さそうに、寝ていらっしゃいます。
「まつぅ〜」ってのは、口癖か?

皆様も、「さくらパンダ」をこちらからダウンロードしてみてください。
     ↓↓↓↓↓
「さくらパンダ ウィジェット」をダウンロードする。

posted by koba at 22:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月28日

着実に進んでいこう

本日もPHP開発。
傍らで、提案用の資料を作成してみたり。

定時後は「 SELENE(セレネ)」の開発。
こちらは一つの機能の開発が終了。

思いのほか多機能になった気がします。
見た目はシンプルなんだけど。。。

・・・

毎日色々なことを考えていますが、
やはりなるべく焦らないように、と心がけています。

目の前のことを丁寧に、着実に消化して行くこと、
そしてその意識を継続させることが、
大きな飛躍に繋がると信じています。

発想、アイディアは自由に言えば良い。
飛躍しても良いし、夢を語っても良い。

でも、それを成し遂げ、完成させるまでには、
無数の、そして長く緻密な作業が必要なのである。

もしそのことがイメージできなかったり、分からないのなら、
冷静になって周りを観察してみるべきだ。

きっとすぐ傍にいる誰かが、
様々な地道な作業を、気づかないうちに、
こっそりとやってくれているはずだから。

全ての人たちに、感謝。

posted by koba at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月27日

「HELIOS.Portal」の潜在能力

昔読んだ本を読み返すことが多いですが、
なるべく毎週新しい本を1冊は読むようにしています。

今週読み終えたのはこの2冊。

本田宗一郎生誕100周年記念出版 本田宗一郎本伝
飛行機よりも速いクルマを作りたかった男

毛利 甚八 ひきの 真二
4093660522

コトバを変えなきゃ売れません。
齋藤 匡章
4763198068

本田宗一郎の自伝と、心理言語学の専門家の著書。
どちらもまあそれなりには・・・、といった内容です。

・・・

自社製品のキャッチコピーをずっと考えていますが、
これ、といった言葉は未だ見つからず。

HELIOS.CoTV」であれば、
動画戦略、動画配信、動画広告、次世代広告とか。。。
ありきたりだし、固いな。

HELIOS.CoTVの機能はシンプルだし、直感的に分かりやすい。

一方で、「HELIOS.Portal」はどうか?

僕はこの「HELIOS.Portal」という製品が、
もっとも潜在能力の高い製品だと思っている。

若干、時代の先を行っている感じはするけれど、
でも裏を返せば、やはりそれが、
可能性を一番秘めている製品だ、と言える理由ではないか。

例えばこの製品の説明を聞いて、ビビビってくる人は、
iTに対する意識がかなり高い人だと思う。

いかに良さを伝えていくか、ということが重要。
お客様が利用価値をイメージできないと。

HELIOS.Portalリーフレット」よりも「 HELIOS.Portal提案書」を読んだ方が、
ずっとしっくりくると思います。

posted by koba at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月26日

エクスブリッジ製品のリーフレット

本日は自主出勤。

出勤前、テレビを点けると、長野の聖火リレーの中継が。
そこは日本なのか? といった雰囲気でした。
でも大きな事故は無かったみたいなので、良かったです。

・・・

今日のお昼は、弊社社員で密かにブームになっている
「きなこ豚のカツ丼」を食べにいきました。

肉汁が滑らかで、全体的に甘い感じのお肉でした。
それにしてもおいしかったです。ごちそうさま。

・・・

エクスブリッジ製品のリーフレットは、どれも可愛くて綺麗だ。

名刺の裏に印刷したり、名刺サイズに印刷して、
お客様にお渡ししたら喜ばれそうなデザイン。
でも、もう少し違った形の広告がもう一種類あったら、
営業の幅が広がるだろう、と思う。

社長に提案してみたら、たたき台を作って良いと言われた。

今日から新しい形の自社製品の広告を考える。
たたき台を作って提案する。
まずは製品のコンセプトを理解して、キャッチコピーを創りだす。

本業ではないけど、ずっとやりたかったと思ってたことなので、
とてもわくわくしています。
それなりに長丁場の作業になるとは思いますが。。。

posted by koba at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月25日

クリエイティブとは?

本日もPHP開発。
真っ暗なトンネルの中を走っている感じ。
ようやく光が見えてきたかも。

・・・

クリエイティブとは何か、とときどき考える。
難しい命題だ。

たとえば液晶ディスプレイに向かって、
ひたすらキーボードを叩いているとき、
はたしてそれはクリエイティブな仕事だと言えるだろうか?

ふっと息を抜いて、手を休めて、
手元にある雑誌を見たり、窓の外を眺めていることが、
クリエイティブな仕事では無いと言えるだろうか?

・・・

クリエイティブさ、ということは、
作業がもたらす結果ではなく、思考がもたらすものである。

外面で見られる現象ではなく、
内面から沸き出たイマジネーションである。

たとえば、優れたデザインのプロダクトを見る。
僕たちは感動する。

では、
何に感動しているのか?

感動は直感的なものだから、
すぐにはわからない。

でも理由はある。

それはやはり、作り手の発想・思考に感動している。
創造的な起源に素直に感動している。

そして同時に、それを具現化した意匠にも、
無意識のうちに敬意を払っているはずだ。

クリエイティブな作業によって、人々に感動を与えたい。

posted by koba at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月24日

ここ数年の読書の嗜好

本日はPHP開発をする傍らで、
ASP.NETの調査をお手伝いしたり。

ASP.NETは随分進化していましたね。。。
.NET Frameworkも僕が開発してたときは1.1だったのに、
今じゃ3.5とかが出ているし。

.NETはもう関わることはないだろうと、
書籍をほとんど処分しちゃったけど、ちょっとミスったかな。。。

・・・

思えばコンピュータ専門書を買って読んでたのは、
入社1、2年目くらいまでで、
それ以降は、ほとんど読んでません。
※最近ちょっと読むようになったけど。

じゃあ何を読んでいたかと言うと、
成功哲学、マーケッティング、コピーライティング、心理学、自己啓発など。

大好きだった小説も読むのを止めて、あらゆるビジネス書を読みあさった。
ここ数年の話だ。

・・・

社長ブログでもちょっと紹介されてたけど、
今週の「週刊ダイアモンド」とても面白かった。

80ページに渡る特集のナビゲータは、神田昌典先生だ。
僕はここ数年、神田先生にかなりの影響を受けている。

神田先生が「週刊ダイアモンド」からデビューしたことは
意外と知られていないけど、
僕には凱旋特集に思えてちょっと嬉しかった。

神田先生の著書は「非常識な成功法則」が有名だけど、
個人的には以下の2冊がベスト。
間違いなく名著です。機会があればご一読を。

小予算で優良顧客をつかむ方法
神田 昌典
4478701709

60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法
神田 昌典
447837421X

量/質ともに読み応えは十分です。

posted by koba at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月23日

Coテレビの時代がやってくる

本日は、エクスブリッジのブログ大賞受賞者劉成さんの送別会。
ハルピンへ1ヶ月ちょっとの出張です。

ハルピンは寒いそうなので、風邪をひかぬよう気をつけて。
ブログの更新楽しみにしています。

・・・

さて、本日、
名駅経済新聞に、弊社の「Coテレビの記事」が掲載されました。

発売間近となり、
良い感じで盛り上がって来ています。

Coテレビを売り込みたい。
エクスブリッジの看板商品にしたい。
動画をビジネスツールとして、魅力あるソフトウェアとして。

3年以内に自分で製品をプロデュースして、
グッドデザイン賞を受賞する目標なんだけど、
Coテレビで受賞を狙えないか。

2008年度はCoテレビ発売開始直後の、5月8日から応募開始。
ちょっと運命を感じました。

エクスブリッジの最強デザイナーと協力して、
いろいろとブラッシュアップさせていきたいところ。

スケジュールはこんな感じ。
5月 8日(木)応募受付開始
6月 4日(水)応募受付終了
7月上旬 1次審査結果通知
8月21日(木)〜24日(日)
2次審査会およびグッドデザインプレゼンテーション2008
10月上旬 受賞結果発表
11月上旬 表彰式および大賞選出

posted by koba at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月22日

アイディア発表会

本日もPHP開発。
メインのプロジェクトは順調。

定時後の「 SELENE(セレネ)」も、
短時間ですが、良い感じで進捗しています。

さて、かれこれ3週間ほど経過したPHP開発ですが、
入社1ヶ月で、僕が身に付けたかった技術レベルは、
「製品プロトタイプをひとりで作れる」レベルである。

先週末あたりで手ごたえは掴めていて、
目標レベルにはおおよそ達したと思う。

・・・

「製品プロトタイプをひとりで作れる」レベルを
1ヶ月以内の目標にしたのは、こんな理由からだ。

僕は常々、エンジニアは、自分が思い描くサービス、システム、
パッケージ製品のプロトタイプを、自作できるべきだと思っている。

こんなサービス、製品があるといいな、
と思ったら誰かに製造を依頼するのではなく、
自分でプロトタイプを作って試す。

そのプロセスが中長期的に見たら絶対に必要だと思っている。

そういった無数プロセスが、発生と淘汰を繰り返すことで、
新しい価値が創造される。
そう思っている。

・・・

1ヶ月に一度、社内で新しい製品、サービスの
アイディア発表会などやってみてはどうか?
全員参加で。

その月の最優秀クリエイティブ賞を発表したり。
もちろんそれを、ブログやCoテレビを使って公開する。

閲覧者にコメントをもらう等の
インタラクティブ性も出していく。

なんか楽しそうだな。

[PR]
Coテレビ - 企業内動画配信サイト
エクスブリッジの全てを配信するコーポーレート.TV
動画共有配信システム
http://cotv.exbridge.jp/xbe_helios_cotv/main.php

企業向け動画配信システム - HELIOS.CoTV(コーポレート.TV)紹介サイト
企業が製品プロモーション、採用戦略、IR戦略、イメージ戦略、ブランド戦略などに使うための動画配信システムの紹介サイトです
動画配信,動画共有,採用戦略,IR戦略,イメージ戦略,ブランド戦略,ビデオ,ストリーミング
http://exbridge.info/cotv/

posted by koba at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2008年04月21日

むかし話

本日もPHP開発。
プログラミングもそろそろ飽きてきたね。。。

思えば本格的にプログラミングをするのは4年ぶりくらい。
前の会社で1年ちょっとやったのが最後。

4年のブランクでなまっていた思考も、
そろそろ勘を取り戻して、滑らかになってきたかな。

でも、もうドーパミンが出てきません。。。

そうも言ってられないので、
明日からは絞り出して頑張ります。

・・・

大学の情報工学系を出ている人は、大抵C言語を習得していて、
それは大工が金槌の打ち方やカンナの使い方を覚えるのと、
同じくらいの感覚で叩き込まれる。
商人がそろばん勘定を覚える感じに近いかも。

コンピュータは道具であり、
プログラムは、コンピュータを動かすための命令群である。
そんなところだ。

僕がいた学科は、脳科学、化学、心理学、神経生理学、
といった、あまりコンピュータと関わりのない学問分野に、
コンピュータを使ってアプローチを試みている所だった。

大抵は実験のため、シミュレーションのために、
ごりごりとプログラムを書いていた。

もちろんハッカーと呼ばれるような、
僕なんかじゃ全然及ばないレベルの人たちも何人もいた。

彼らは「コンピュータの仕組そのもの」に興味を持っていた気がする。

彼らの言葉は僕には機械語に聞こえて、
誰かに翻訳してもらわないとよく分からなかった。

どれも懐かしい思い出である。

posted by koba at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。